株入門−信用取引とは

株入門なら信用取引でハイリターンを目指したい

株入門
◎株入門TOP
株入門 株の種類について
現物取引と信用取引の違い
◎FXとは
マンション購入プライズヒル
証券口座開設手順
遺品処分
リハビリデイサービス
頑固 一徹くん

株入門 信用取引とは

信用取引とは、投資家が証券会社に担保として資金を入れ、買付けに必要な資金や売付けに必要な株式等を証券会社から借りて行う取引です。信用取引では手持ちの資金以上(大体3倍くらい)の買付けや株式等の売付けができます。。
信用取引は、元本資金に比べて大きな利益を生み出す力がある反面、予想が大きく異なった場合には、その分損失も大きくなります。もちろんその損失の額が当初の担保額を上回ることだってあります。

現物取引と信用取引の違い

信用取引には返済期限がある!
6ヶ月間しか有効期間がなく、元本割れを仮にしていても強制的に返済しなければなりません。

信用取引には更に「制度信用取引」と「一般(無期限)信用取引」の2種類があり、売買できる銘柄や返済期限等が異なる!
「一般(無期限)信用取引」の場合は返済は無期限になります

現物取引にはない諸経費が信用取引だと発生する
お金を借りて大きな投資をするわけですから当然借りている以上、金利が発生し、その分を投資家が負担しなければなりません。ですから信用取引は一般的にはデイトレーダーが短期売買目的で多額の資金を流動させながら使っている取引手法ですね。